3cp.jp有限会社コネクト FormatWorks

fm_top_img_01.jpg

確立した技術でSolidWorksのCADデータインポートをサポート

FormatWorksは、CATIAV4,CATIAV5データやその他のフォーマットをサポートする、SolidWorksデータ変換機能拡張のためのアドインソフトウェアです。FormatWorksに使われている技術は、SolidWorksのCADデータ交換を自動、高精度、高信頼性で実施できるようにCapvidia社が独自に開発した技術をベースとしています。FormatWorksを使うことでSolidWorksへのインポート・プロセスは簡素化されます。自動修復&ヒーリングにより、SolidWorksの設定基準に沿った有効ソリッドが形成されます。修復はオリジナルのモデル状態のままで、モデル変形を起こさずに、常にモデル公差内で実行されます。

2つのパーツは同じように見えますが、しかし、実際には違います。


sw_1_img_j.gif

FormatWorksのワーク・フロー

  • データインポート
  • 公差コントロール
  • 自動修復&ヒーリング
  • 手動修復
  • 形状チェック
  • データエクスポート


FormatWorks_autorepair_sw.jpgSolidWorksでのダイレクト変換

インポート・フォーマット

FormatWorksは、3DモデルをSolidWorksにインポートする時に起こる様々なデータ不整合問題を解決します。シームレスにネイティブ・データフォーマット(CATIA V4, CATIA V5, P/E, etc.)をインポートし、SolidWorksで有効なソリッドを形成するために必要な修復を施します。

supported_formats.PNG

FormatWorksを介したSolidWorksでの変換

自動修復:
自動修復には、70以上の代表的なデータ変換エラーの検出と修復が含まれています。FormatWorksは特殊なソーイング・アルゴリズムを用いて形状とトポロジーを修復します。モデルが完全なソリッドを形成することを妨げる要素は自動的に検出されます。自動修復は常にオリジナル・モデル公差内で実行されるように制御され、モデル変形を防ぎます。

fw_repair.jpg

70種類以上のエラーを自動修復

  • 一般
    • Invalid object's formal parameters
    • Invalid object's dependencies
    • Invalid camera's view parameters
  • トポロジー
    • Edge
    • Invalid vertex
    • Invalid orientation
    • Not G1
    • Loop
    • Not defined in Model Space
    • Not defined in Parametric Space
    • Not synchronized representation (in Model Space
    • and Parametric Space)
    • Not G0 in Model Space
    • Not G0 in Parametric Space
    • Not closed in Model Space
    • Not closed in Parametric Space
    • Invalid orientation
    • Intersection (or self-intersection)
    • Laying out of surface domain (partially)
    • Inconsistent orientation with curves (in Parametric Space)
    • Face
    • Degenerated
    • Ribbon
    • Invalid orientation (normal direction)
    • Not G1 (underlying surface)
    • Intersection (or self-intersection)
    • Inner loop is missed
    • Outer loop is wrongly indexed
    • Outer loop is missed
    • Not optimal underlying surface definition
    • Self-touching loop


  • ジオメトリー
    • Curve (general)
    • Degenerated
    • Shared
    • Irregular parameterization
    • Not simplified
    • 2D curve is out of surface domain
    • NURBS curve
    • Not G1(G2)
    • Invalid knot vector
    • Collapsed control points
    • Not simplified (polyline)
    • Not simplified (segment)
    • Polyline
    • Duplicated points
    • Linear chains
    • One segment
    • Approximation by NURBS curve
    • Composite curve
    • Not G0
    • Invalid sub-curve index
    • Invalid sub-curve orientation
    • Duplicated sub-curve
    • One sub-curve
    • Nested composite curve
    • Spline curve
    • Invalid knot vector
    • Surface (general)
    • Degenerated
    • Shared
    • Wavy parameterization
    • Insufficient domain
    • Type conversion
    • NURBS surface
    • Not G1(G2)
    • Invalid knot vector
    • Collapsed control points
    • Surface of revolution
    • Invalid parameterization
    • Invalid generatrix curve
    • Surface of revolution self intersection
    • Not-optimal seam

手動修復

これまでの手動修復は簡単なものではありませんでした。しかしFormatWorksは、CADモデルに発生する全ての問題を解決するワークフローを自動で提供します。不良エンティティはプロジェクト・ツリー上に別ドキュメントとしてグループ化されます。その結果、ユーザはフルモデルあるいは複雑なアセンブリーに代わり、不良部品及び隣接部に対して作業するだけですみます。
FormatWorksは形状及びトポロジー問題を解決するために独自機能を提供します。全ての手動修復操作は直感的かつ容易で、完全にSolidWorks内に統合されています。FormatWorksはまた手動修復操作を容易かつ高速にする特別な曲面ツールも含んでいます。それらは以下の機能です。

  • 曲面生成
  • 曲面再生成
  • 曲面結合
  • 曲面トリミング
  • 曲面分割

FormatWorks_manual_repair.jpg

FormatWorksソフトウェア構成

1. Standard

  • 基本機能
    • 自動修復
    • 手動修復
  • 修復
    • エラー分類
    • 手動修復ツール
    • エラー箇所の分離処理
  • アップグレード
    • Professional
    • Server
  • 利用できるトランスレーター種類
    • 選択











2. Professional

  • 基本機能
    • 自動修復
    • 手動修復
    • バッチ処理
  • 修復
    • エラー分類
    • 手動修復ツール
    • エラー箇所の分離処理
  • その他の機能
    • 大容量モデル
    • プレビュー機能
    • 形状の単純化
    • 分類
    • 表示・非表示
    • コピー&ペースト
    • ソッリッド/シェル
    • SolidWorksへ選択、転送
  • アップグレード
    • Server
  • 利用できるトランスレーター種類
    • 選択


3. Ultimate

  • 基本機能
    • 自動修復
    • 手動修復
    • バッチ処理
    • トランスレータ種類無制限無し
    • 暗号化されたサーバー処理
  • 修復
    • エラー分類
    • 手動修復ツール
    • エラー箇所の分離処理
  • その他の機能
    • 大容量モデル
    • プレビュー機能
    • 形状の単純化
    • 分類
    • 表示・非表示
    • コピー&ペースト
    • ソッリッド/シェル
    • SolidWorksへ選択、転送
  • アップグレード
    • なし
  • 利用できるトランスレーター種類
    • すべて利用可能


4. Server

  • 基本機能
    • 自動修復
    • 手動修復
    • バッチ処理
    • FormatWorksクライアント・サーバー型
    • スタンドアローン
    • 変換処理マネージメント
  • 修復
    • エラー分類
    • 手動修復ツール
    • エラー箇所の分離処理
  • その他の機能
    • 大容量モデル
    • プレビュー機能
    • 形状の単純化
    • 分類
    • 表示・非表示
    • コピー&ペースト
    • ソッリッド/シェル
    • SolidWorksへ選択、転送
  • アップグレード
    • Professional
    • Server
  • 利用できるトランスレーター種類
    • 選択